部では把握できない廃棄ロス、友達へのサービス料理、食材の持ち帰り、厨房スタッフのビール宴会、高級食材の賄い… チリも積もれば山となる「食材ロス」を見える化し「粗利益率の向上」を目指す調査サービスです。